未分類

実際のところ、弁護士に関して言うと、業務制限や金額的な制限はありません。ですから、トラブルに対しての処理をしたいというのであれば、弁護士が適任ということになるわけです。

示談交渉たくさんの人は、弁護士に対してある程度の先入観を持っています。敷居が高い、費用が高そう、あまり良い対応をしてくれないといったものです。ですから、どうしても行政書士であったり司法書士に依頼を考えたりすることもあるみたいです。ですが、実際には弁護士は法律サービスとして依頼者に向けた良いサービスの提供をしているのです。行政書士、司法書士に依頼してから弁護士に依頼をするというような二重の手間がかかるようなこともありません。そして、弁護士が行う事案の場合、裁判まで行かずに示談交渉で終わることがほとんどです。結果的に裁判まで行くとお金がかかるケースが多いですから、示談交渉を進めてくれることが多いのです。

ちなみに、弁護士であれば誰でも良いというわけではなくて、交通事故に対して実績が大きな弁護士を選ぶのが第一となります。同じ弁護士でも、どの案件に精通しているのかをしっかりと理解して依頼をするのが良いのです。とにかく交通事故で困ったら弁護士に依頼することを意識して探してみると良いでしょう。

《参照リンク》交通事故 弁護士

弁護士に依頼をすることがよいということですが、中には司法書士の中にも交通事故の専門家といっているところがあります。では、司法書士の場合はどうなのでしょう。

交渉司法書士が行ってくれるということはいろんなものがあります。保険会社との示談交渉のサポート、賠償額の増額、弁護士費用特約の利用、裁判のサポート、提携弁護士の紹介といったものです。ただ、司法書士が交通事故を取り扱うことが少ないことの理由としては、営業上のメリットがあまりないといわれているからです。

司法書士は法律の専門家といわれているから、交通事故も依頼できるのではないの?と思われるかもしれません。ですが、その範囲というのは限定的であって、冬季書類の作成、法務局への登記手続き申請といったところになります。また、140万円を超える案件に対しては非弁行為になってしまいます。

人身や怪我によって後遺症が残ってしまったという場合には、専門家の介入が有効的だといわれているのですが、その場合は明らかに140万円を超える案件になってしまいます。結局弁護士の仕事になるわけですから、費用も余計にかかってしまいます。そういう意味でも、最初から弁護士に依頼するのが良いということになるわけです。

交通事故において被害者になってしまった場合には、行政書士に依頼をするという人も多いかもしれません。実際に交通事故の専門家を名乗っているところも多いです。交通事故の業務では、示談交渉の各種アドバイスや、保険会社への損害賠償請求書の作成、後遺障害認定等級などの異議申立書の作成、紛争処理センターに和解斡旋の申し込みをする、提携弁護士の紹介といったものです。これだけ見ると、行政書士に依頼をするのが良いと見られるのですが、実際のところは行政書士の仕事は書類作成になります。ですから、保険会社との交渉全般、それに対してのアドバイスはできないようになっています。

弁護士行政書士が弁護士を紹介すること自体は可能ですが、紹介料に加えて、弁護士への費用も必要になりますから、結局のところは最初から弁護士を依頼した方が早いのです。これを知らない人をターゲットにして、行政書士事務所の中でも交通事故の専門家としてのサポートを行っていると謳っているところもあります。これは明らかに弁護士法違反ぎりぎりのところ、グレーゾーンであると見てもいいのです。また、ブラックで仕事をやっているというところもありますから、十分に警戒をして選ぶことが大事です。

交通事故が起こったとき、あなたはどうするでしょうか。当然まずは警察に電話をして話をして、それから保険会社に電話をして・・・という流れになるかと思われます。ですが、交通事故の彼我に対しては、弁護士に相談するのが良いといわれています。

交通事故ちなみに、弁護士以外にも行政書士や司法書士といった人たちに依頼をすることも出来るわけですが、これについてはどうなのでしょうか。実のところ、行政書士や司法書士に関しては、確かに交通事故について何かしら取り扱っているというところもあるのです

どちらも専門で取り扱う、または交通事故に対しての相談に乗ります。あるいは弁護士に取り次ぎますといったことをしてくれるわけですが、この2つの仕事に関して言うと、行うことが出来る仕事の範囲を超えてしまうことも十分にありえるわけです。要するに法律のグレーゾーンに乗る、あるいはそれを超えてしまう可能性があるというわけです。また、最終的に弁護士に依頼をすることになるわけですから、費用が2重にかかってしまう可能性すらあるわけです。それならば、最初から弁護士1本に絞って相談をした方が、費用的にも手間的にもかからないとも考えることが出来るわけです。

ここでは、行政書士に依頼した場合、司法書士に依頼をした場合についての紹介、そして、弁護士に依頼をした方が良いということの理由などについて紹介します。交通事故に巻き込まれてしまったという場合に参考にしてみて欲しいです。