行政書士の仕事について

交通事故において被害者になってしまった場合には、行政書士に依頼をするという人も多いかもしれません。実際に交通事故の専門家を名乗っているところも多いです。交通事故の業務では、示談交渉の各種アドバイスや、保険会社への損害賠償請求書の作成、後遺障害認定等級などの異議申立書の作成、紛争処理センターに和解斡旋の申し込みをする、提携弁護士の紹介といったものです。これだけ見ると、行政書士に依頼をするのが良いと見られるのですが、実際のところは行政書士の仕事は書類作成になります。ですから、保険会社との交渉全般、それに対してのアドバイスはできないようになっています。

弁護士行政書士が弁護士を紹介すること自体は可能ですが、紹介料に加えて、弁護士への費用も必要になりますから、結局のところは最初から弁護士を依頼した方が早いのです。これを知らない人をターゲットにして、行政書士事務所の中でも交通事故の専門家としてのサポートを行っていると謳っているところもあります。これは明らかに弁護士法違反ぎりぎりのところ、グレーゾーンであると見てもいいのです。また、ブラックで仕事をやっているというところもありますから、十分に警戒をして選ぶことが大事です。