司法書士の仕事について

弁護士に依頼をすることがよいということですが、中には司法書士の中にも交通事故の専門家といっているところがあります。では、司法書士の場合はどうなのでしょう。

交渉司法書士が行ってくれるということはいろんなものがあります。保険会社との示談交渉のサポート、賠償額の増額、弁護士費用特約の利用、裁判のサポート、提携弁護士の紹介といったものです。ただ、司法書士が交通事故を取り扱うことが少ないことの理由としては、営業上のメリットがあまりないといわれているからです。

司法書士は法律の専門家といわれているから、交通事故も依頼できるのではないの?と思われるかもしれません。ですが、その範囲というのは限定的であって、冬季書類の作成、法務局への登記手続き申請といったところになります。また、140万円を超える案件に対しては非弁行為になってしまいます。

人身や怪我によって後遺症が残ってしまったという場合には、専門家の介入が有効的だといわれているのですが、その場合は明らかに140万円を超える案件になってしまいます。結局弁護士の仕事になるわけですから、費用も余計にかかってしまいます。そういう意味でも、最初から弁護士に依頼するのが良いということになるわけです。